1.jpg

「タダ飯を食べる方法」
お腹を満たしつつお金を浮かせよう!

「タダ飯」と言うと聞こえは悪いですが、誰かに迷惑をかける方法ではありません。人の目を盗んでおこなう方法でもありません。

1つ1つ説明しますので、「チョッと食事に困ってる」「今後が少し不安だから知っておきたい」というあなたに以下、お伝えします。

当ノウハウの役目

・生活が微妙に苦しく、食費を切り詰めてるあなたへの情報提供

・できる限り食費を浮かせたい
・食べる事が好き、食べてる時間が幸せ、出されたものは残さず食べる派のあなたへの情報提供

全ての食事にはお金が必要?

そんなことはありません。

例えば今、あなたの横で友だちが、セブンイレブンで買ったツナマヨネーズのおにぎりを食べてるとします。ビニール袋にはもう一つ、梅干しのおにぎりが残ってます。

でも、友だちはもうお腹いっぱい、とっておくのも面倒、どうせ後で捨てちゃうから「食べていいよ♪」と、あなたにプレゼントしてくれました。

あなはこの時、50円玉も100円玉も、と言うか一円もお金を持ってません。

もし、ここで友だちが「タダじゃあげないよ~」と、あなたの目の前でポイッと、未開封の梅干し入りおにぎりをゴミ箱に捨てたらどう思いますか?


「もったいない!」って思いますよね?

(いや、それとこれとは話が別だよ・・・)

と、あなたは思うかもしれません。

でも、食べ物は「捨てるため」ではなく「食べるために」作られたものです。

そのおにぎりを包んでる透明のビニール、お米を包む海苔、もっと言えばコンビニの店員、コンビニまで運ぶトラックの運転手、彼ら(彼女ら)の労働力。

たった1個のおにぎりに対して、たくさんの人間が関わってます。

コンビニ強盗やトラック事故の可能性も踏まえると、人間の「命」も関係してきます。そして食べ物にも「命」がある、と私は思います。

「食べるために」作ったそのおにぎりを粗末にしたら、

「処理するため」のムダな仕事が発生します。

 

お金の有る無しは別の話です。

また、タダ飯(で食べる方法)があるということは

「余ってる」「食べる人がいない」というケースもあるでしょう。そのため、当レポートを作った次第です。

お金を使わなくても食べる方法はある


もちろん、お金を払ってもらわないと困る人が作ったゴハンには、お金を払う必要があります。(食い逃げは犯罪です)

 

当ノウハウは

「誰も困らせない」
「食品もムダにしない(世の中に貢献)」
「あなたのお腹もハッピーになる」

という方法をお伝えしていきます。

人間もしょせんは動物、まずは食べることが大切。


ぜひ、堂々と活用し、お腹も心も満たしていただければと思います。

返金について
マニュアルどおり全て実行して、書かれてる内容が一度も実現しなかった場合、実行した日付けや店舗名など、詳細をお知らせいただければ1000円の返金をいたします。

上記に当てはまる場合は100%全額返金いたします。

 

全てを実行するには時間や地理的な条件が必要ですが、興味あるもの、食べてみたいものから選んでいただければと思います。

ダウンロード版

「タダ飯を食べる方法」お腹を満たしつつお金を浮かせよう!

(PDF56ページ)

​販売価格:1000円

  

ご購入はこちらから
https://www.infotop.jp/order.php?iid=93382

→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。

マニュアルどおり3ヶ月間全て実行して、書かれてる内容が一度も実現しなかった場合、実行した日付けや店舗名など、詳細を4ヶ月以内にメールにてお知らせいただければ1000円の返金をいたします。